So-net無料ブログ作成

そうだ京都、行こう [旅]

甲斐犬友達のサンママさんと日帰り京都の旅をしました。
思えばサンママさんとはお互いに同じ時期、愛犬を闘病から守り戦った間柄で、まさに戦友であります。
苦しい時、悲しい時を支え合ったように感じます。
愛犬を見送り、共に二代目の甲斐犬が引き合わせてくれたご縁で、日帰り旅行が出来るとは、、、、、
ホント、サンちゃんもジローもおつな事をしてくれますねぇ。

と言う事で愛犬に背中を押され
早朝の新幹線で京都へと向かいました。
2012-0602eki.jpg
京都駅は流石に人が多くて、まごまごしそう、でもしっかり計画を練った私達は計画通り
「梅小路公園・手作り市」へ向かいました。
2012-0602ichi2.jpg
前回行った上賀茂神社の手作り市とは規模が違う、、、、出店数が多いのです。
漬け物屋から子供服、木工品、アクセサリー、パン屋迄、まぁ、凄いバリエーションです。
2012-0602ichi1.jpg
山桜、楓などの天然木で作ったデフォルメスプーンやシャモジ、箸が魅力でサンママさんは
ジャムスプーンをジロ母は取り分けスプーンを買いました。
くるみ油仕上げが良い色合いです。
アクセサリーや子供服も買いこんだし、漬けものも買った。
2012-0602ichi4.jpg
今日も梅村マルティナさんが毛糸をどっさり自転車に積みこんでの出店です。
小さな身体でパワフルに活動をされつつ、出店はしっかり行うマルティナさんは本当に凄い人なのです。
毛糸選びも気さくに相談に乗ってくださり、ついついコットン毛糸も買ってしまいました。
2012-0602keito.jpg
「編んだら見せてね」
と仰るので、頑張って編もうという気にさせられるジロ母です。
サンママさんも腹巻き帽子仲間になったし、どんな色合いの帽子が出来上がるか楽しみですね。

もう手作り市を歩き回っていたらキリが無いので、次の予定地「大原」へ。
2012-0602oohara.jpg
スイスイ車は進み、30分ほどで大原の里に着きました。
地野菜を買うのが目的でしたが、野菜の種類がすでに少なかったので、出遅れたのかそれとも
売る物が少ないのか、分りませんでしたが
取りあえず、あるものをかき集め、宅急便で自宅に送りました。
2012-0602donburi.jpg
お昼は里のおばちゃんが作ってくれた親子どんぶりとお弁当を二人で頂きまして、大原散策はせずに
今回の目玉イベント「楽町楽家」町屋暮らしの見学に街中まで戻りました。
2012-0602rakuichi.jpg
運よく年一度の町屋公開と重なって、住んでいる方の家の中を見せてくれるのです。
2012-0602machiya1.jpg
築80年の家を土台から手を入れ、良き道具は残し補強し、隙間風が入る家に住む若夫婦。
家にあげて見せて下さったので、いろいろ質問にも気軽に応えてくれまして、私が気に入った建具
2012-0602tategu.jpg
この建具がスンバラシイので、この家の作り付けですかと聞いたら、建具は井川道具建具店で購入したと仰り、井川さんのお店に行くと、いろいろな建具が見れるからと親切に店の場所まで教えて下さいました。
京都は昔から、引っ越す時に建具を持って行くのだそうで、京都サイズだからどんな家にもピッタリ合うわけで、無駄が無いというのが驚きです。
ジロ母は町屋に生きる建具に惚れ惚れしてしまいました。
もう一軒の町屋は大規模改修中で、工事の真っ只中にも関わらず、二階にも上がらせてもらい
舐めるように見まわし、触り、工事関係者の気分になってしまいました。
耐震、防火基準をクリヤーする為の工事もしなければならず、この改築費は新築と変わらないくらい掛かる
そうです。
そうしてでも住みたい人が、、、それも若い世代に多いように感じました。
貴重な体験をさせて頂き、京都が町屋存続にどれほど本気になっているか、よ~く分りました。
来年も是非、イベント中に再訪したいものです。

町屋の向かいに和菓子屋さんが、、、、
2012-0602wagasi1.jpg
知らないお店でしたが、サンママさんと恐る恐る入店したところ、有名なお店のようでした。
持ち帰りお菓子を注文すると、その場で作って下さるので、暫し待たされますが、こういう間もまた
優しい時間で、店主の方とお話しながら楽しかったですよ。
2012-0602fuku.jpg
うふふ、、、なんと店主さんは和犬好きさん、四国犬の福ちゃんが尻尾振って出てきましたが
先代も四国犬でかなりのご長寿だったようでした。
和菓子屋の店番犬福ちゃん、ガンバレ!
(こちらのお菓子、美味しかったです)

帰り路、偶然店の前を通りかかった、辻和金網店ではアク取りを購入
2012-0605akutori.jpg
柄が普通のものより長いので、大鍋にも使える便利な道具です。
早速、使っていますが使い勝手が良くて重宝しています。
2012-0602machi.jpg
緑の季節真っただ中で、古き街が活き活きと感じる季節でもありますね。
2012-0602tesai.jpg
次に向かった「てっさい堂」骨董品店ですが、、、、、目玉が飛び出る価格に面くらいましてね~
それに狭い店内に積み上げられた豆皿をひっくり返してみると、ハッキリ分らない数字が書いてあり
チョッと私には理解に苦しむのでありましたが、これもその店の商法であるわけで、このような世界が
あることをこの年になって初めて知ったという貴重な貴重なお勉強をさせてもらいました。
2012-0602gofukuya.jpg
くわばらくわばら~、心の隅に封印して、街を歩けば気分は直ぐにしっとりしてしまう素敵な京都。
目一杯楽しんで駅に向かい、最後の仕上げに
2012-0602anmitu.jpg
白玉をいただきました。
中身ギッシリ詰まった日帰りの旅は失敗もあり、また思いもかけない偶然があったりで、人生みたいなものだなと感じたりしました。
明日はお土産編をアップします。



コメント(4) 

コメント 4

cyoko

しばらく静かだなぁと思っていたら京都に行ってましたか、新緑が濡れるこの季節の京都もいいんだろうね。年を重ねてきて始めて京都とか奈良の良さが少しだけわかってきたような気がします。中学の頃の修学旅行で京都とか奈良へは何で行くんだろうね、全く理解に苦しむ。あの頃は京都も奈良もその良さのかけらも感じることはなかった、良さを理解出来る中学生がいたら逆に気持ち悪いだろうな。西国巡礼では京都も奈良も駆け抜けました、そのうちのんびりゆったり行ってみたいなぁ。

by cyoko (2012-06-13 06:20) 

jirohaha

こんばんは。
静かにしていただけでなく、母と姉に始めて持たせた「見守り携帯」の事でストレス満タン、すっかり疲れ果て、更新するパワーを失っておりました。
京都は修学旅行で私も行きましたが、あの年齢ではとても古都の良さなんて理解出来ませんし、若い頃は結構、京都通いをした私ですが、今の様な物の見方をしていなかったので、何のために通っていたのか自分でも理解不能です。
文化の違いもあるので、戸惑うことも多々ありますが、良さを本当に理解するまでには授業料を払うつもりで失敗も必要なようです。
日本を歩いて知る事を死ぬまでにやっておきたいと最近、とみに感じます。
by jirohaha (2012-06-13 20:52) 

cyoko

>「見守り携帯」の事でストレス満タン
それ良くわかります。私も何年か前に母に老人向けの簡単携帯持たせたけれど何度説明しても駄目、図入りの電話の掛け方を書いて渡したけれどそれでも駄目、結局2年間一度も使わないので結局諦めて解約しちゃいました。

日本を歩いて知るってのは実に良いですね、そのうち父さんと四万十の清流へも是非、のんびりしているとドブ川になっちゃいますよ、既に清流の呼び名は薄れ始めているようですから。

ところで「ジローの愛 Love BBS」はチャチャ丸さんのBLOGからLinkされました。当初は当方からのLinkを検討しましたがAmebaBlogからはCGIへのLinkが禁止されていて出来ませんでした。ま、当面これでBBSも活きるかもね。So-NetBlogからはcgiへのLinkは出来ないのかな、各社でそれぞれ規定があるからねぇ・・・・



by cyoko (2012-06-14 18:50) 

jirohaha

cyokoさん、リンクの件お知らせ下さってありがとうございます。
気になっていたので、チャチャ丸さんがリンクして下さったお陰で
なんとか繋がってくれて良かったです。
サーバーとは再契約を済ませましたので、後は再設定を済ませば
元のHPに戻るはずです。
ですので、収容犬情報も見られるようになりますので、早いとこ再設定を息子がやってくれるのを待っているところです。

母も姉も携帯は身に着けるものという感覚が無いので、唖然とすることばかりです。 でも、慣れてもらわないことには携帯を持たせる意味が無いので、根気強く指導している所です。
お陰で背中も首もバリバリに凝ってストレス満タンです。
by jirohaha (2012-06-15 09:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。