So-net無料ブログ作成
検索選択

散歩途中で [散歩]

           朝陽が早く登るようになり       

       ワタクシの目覚めがとんでもなく早いこの頃

          4時半にはバッチリ目覚めてしまうので

                悩ましいかぎり

          ジロ父は老化現象だと言いまして

               、、、、、
                     
             そうか老化ねぇ          

         タイショウのお散歩も早朝からたっぷり歩きます

            だいたい1万歩ペースで

152.jpg


      今日は東日本橋から大伝馬町、小伝馬町まわりで

159.jpg


      早朝は車も少ないし、スピード狂の自転車も居ないから

             ゆったり散歩出来ます

154.jpg


             日本橋横山町の問屋街

156.jpg


              だーれも居ない

153.jpg
       

        日本橋も問題の空家はワンサカありまして

          少子化でドンドン人口は減るわけなのに

   今、不動産屋がバンバン建てているワンルームマンションなんて

            いったいどうなるのでしょう?

        朽ち果てるワンルームって想像しないのかな

      国は100年先を見通した国のカタチを全く考えていない

         歩いていると、そう言う事ヒッシと感じて来る

158.jpg

              タイショウもあきれ顔で

                馬喰町駅だワン!

162.jpg

            帰り路をスタコラ歩いて小伝馬町に出てきました

          普段は気付かずにいた、ここ大安楽寺

       この周辺は傳馬町牢獄があって、処刑場跡も、、、、

      ずっと小学校がこの跡地に建って居たんだった!

     いやはや凄い、何で小学校をこの跡地に建てたのか、、、、、

        今は廃校になっているけれど、ちょっと気になる

  でも、手厚く祀られているので、近隣の方々の思いが感じられました

160.jpg

        そもそも明治政府が牢屋屋敷の土地を財閥の

        大倉喜八郎(後のホテルオークラの創業者)

            安田善次郎(安田生命の祖)に

            購入してくれるよう請うて

          その土地を二人が寄進したそうです

         大は大倉の大、安は安田の安をとって

              大安楽寺と名付け

        牢で命を落としたり処刑された囚人の弔いの場として

         今日まで丁重に祀られていたのです

161.jpg


            日本的だなぁとつくづく、、、

        どんな悪人でも死んだら悪人は卒業

     綺麗な生花に囲まれて、手入れのゆき届いた寺で

              霊は安らかに眠っている

163.jpg

            隅田川を渡りながら

        良い朝の散歩ができたなぁと思うのでありました




コメント(0) 

谷中散策 [散歩]

                       ちょっと前の事ですが

            日暮里・谷中が縄張りの友人と、日暮里は初めての友人と

             そして、時々カーテン地を探しに来るワタクシとで

                     縄張り友人の案内よろしく

                        散策を楽しみました

148-3.jpg


                  ゆうやけだんだんからの眺め

148-2.jpg


                人慣れしたニャンコが悠々としています

148-5.jpg


                     猫の街なんだ~~~~

148-6.jpg


                   酒屋さんの屋根にも

148-7.jpg


                        白猫が、、、、

            なんとも昭和レトロな雰囲気が残った不思議な街

             ちょっと路地裏に入れば懐かしい気持ちになります

148-8.jpg


              和栗のモンブラン、とっても美味しかった!

                  谷中の街は墓地もあり

         日暮里側にはマニアックな生地屋さんが控えていて

               何度訪れても奥深さに魅了されます


コメント(0) 

高尾山へ行った! [散歩]

                 飼い主は老人の仲間に入り

                ジローの時のように遠出やお山に

                タイショウを連れ出す事が無くなり

                   いつか、いつか、、、、、

               と言いながら、もう5才になってしまった

                     今年こそ高尾山へ!

             ずっと言い続けて、、、、、しかし実行できず


                やっとこの連休に行ってきました

               ジロ母は出発の朝、喘息気味で、、、、、

         これはヤバイと感じましたが、昨日から行く気満々だったので

                        決行!


                     早朝にシュッパーツ!

                タイショウは車に乗るなり大喜びで

                 どっかへ行くんだな。。。。モード


147-8.jpg


                     登りは稲荷山コースを

                老体にムチ打ちながら登りましたが

147-9.jpg


       ほとんどタイショウがワタクシやジロ父を引き上げてくれました

         リードをグイグイ引っ張り、まるでバンバのようなタイショウ

147-10.jpg


               山頂からの眺めはいまいちでしたが

               無事に登る事が出来で本当に嬉しかった

                      お弁当を食べていると

                アッ、山梨の犬だっ!   甲斐犬だっ!

           と沢山の方からお声をかけて頂き、話しかけて頂きました

147-11.jpg


             紅葉は一部分で、山頂の紅葉はここが一番綺麗

                下りは余りの人混みから規制があり

              コンクリートのなだらかな道を歩いて下りました

147-12.jpg



                途中、神社でお参りしながら

147-13.jpg


                 綺麗な紅葉の下を歩き

147-14.jpg


                お稲荷さんにも手を合わせ

147-15.jpg


                  たこ杉の前を通過しながら

147-16.jpg


                おいおい、触っちゃだめだろう!

147-19.jpg


           お父さん、お母さん、ここからの下りはチョイと厳しいですよ

147-20.jpg


               腰を落としてゆっくりあるくことですぜぃ

        タイショウに促されながら、腰を落としてひたすら下るのでした

147-18.jpg


                一応、記念撮影もして

144-1.jpg


                タイショウお疲れ様でした

                 タイショウが居なかったら

          ワタクシ達無事に下山出来なかったと思います

          いつまでも傍に居て、アドバイスお願ぇしますだ




コメント(0) 

もう、終わってしまった満開の桜 [散歩]

123-2.jpg

隅田川に架かる清洲橋から

123-3.jpg

隅田川を眺める、、、、屋形舟が出て、お花見船なんだ。

123-5.jpg

ほぼ満開の頃、タイショウと花見散歩を楽しみ

122-11.jpg

タイショウのオシッコの勢いも良く

122-7.jpg

日向に出て歩き、ご機嫌な日々でした。

121-23.jpg

タイショウのご飯にも桜えびが乗り、一応花見御膳と言う事で、、、、。



コメント(0) 

隅田川テラス散歩 [散歩]

121-5.jpg

いつもの隅田川テラス

ほ~んとピーカン天気の日は気持ち良くて、ガンガン歩いてしまいます。

121-4.jpg

最近はランニング教室のご一行様が休日のテラスを彩ってくれています。

こちらの方々は女性軍団ですな

121-1.jpg

こちらは男性軍団です

121-8.jpg

タイショウもイケワンランナーだよ

121-6.jpg

小走り~

121-7.jpg

しましまタイショウだよ

帰りは陸に上がって、ワタクシはキョロキョロしながら

121-9.jpg

おもしろ風景を楽しみ

121-10.jpg

このシャッターが閉まった倉庫は築60年物だと思うのですが

もともとは紙屋さんで、その後倉庫になり内部が独特の作りになっていまして

通る度に、足を止めて見入ってしまうほど圧巻な倉庫でした。

2011年の震災後、多分、危険な状態になり最近になって閉めたのでしょうね。

魅力的な建物がどんどん消えて行くこの頃、、、、、

121-11.jpg

タイショウは尻尾をユッサユッサ振りながら歩きます。




コメント(0) 

夜散歩もジロ母と [散歩]

夜散歩はジロ母の元に戻ってきまして、ほぼ毎日2時間くらいは歩いています。

その間、タイショウに付いた悪しき癖を直しながらなので、リードを持つ左手は常に力が

入りっぱなしです。

しかしお陰さまで、週一回の鍼灸院通いの効果あって、左腕も指も手首も全く痛くありません。

メンテナンスは大事ですねぇ。

103-10.jpg

信号待ちはちゃんとお座りして待てるようになり、途中でウロウロすることはしなくなりました。

問題は臭い嗅ぎ、、、、、これはもう習慣化してしまっているので、ダメな場所はダメと

禁止させています。

103-6.jpg

信号待ちしていたら、1本のバラの花が、、、、誰か落したのか?置いて行ったのか?

気になりますけど。

103-7.jpg

夜道を歩きながら、新しい発見もあり

103-9.jpg

知らない内にロッククライミングジムなんかも出来ていて、タイショウと眺めてしまいました。

103-8.jpg

職人さんの家ですが、今ではこういう店舗兼自宅は見なくなりましたので

ジロジロ興味深く覗いてしまいました。

103-11.jpg

ってなことでして、タイショウは躾直しを受けながらジロ母の顔をチロツと見ては歩いています。

ところでタイショウの排便回数は4回です。

排便、排尿にとっても神経質なので、前後左右を見て納得するまでは大変なのです。

4回の量は

1回目 ドカッ!

2回目 ドカン!

3回目 ポトン!

4回目 ポトッ!

会社のはかりで計ったら350グラムでした。

これだけ出てしまったら肥らないですね。 いくら食べても肥らない訳はこういう体質に

あるのだと思います。


コメント(0) 

浅草まで [散歩]

今朝は寒いので、タイショウと体が温まる迄歩きました。

ジロ家から北上して浅草へ出ました。

4400歩です。

101-2.jpg

新しく作り替えた提灯の赤が映えること。そして人が多い事といったら、、、、、

中国人観光客も戻ってきたようだし、何気に活気が感じられる。

景気が上向いているのだと感じるのは、日本橋を歩いても銀座を歩いても人が多い

そして表情が明るいこと、ジロ家もそんな気配を感じてここんとこ忙しい。

儲けまではマダマダだけど、夕方迄ドタバタ状態の日が増えた。

消費税がアップしたとたん冷え込んだりしないだろうか?

などなど気にはなりますけど、、、、、、、。

浅草まで来たので浅草寺の裏手に回り、いつも歩かないもっとも浅草らしい横道へ。

101-3.jpg


101-4.jpg


101-5.jpg

こういう路地に美味しいお店があるのです。

101-6.jpg

「長浦」お蕎麦の名店ですが、浅草で一番のお蕎麦屋ではないかな。

へぇ~、こんなお店もあるとはしらなんだ、、、と新発見もしたので浅草はなかなか奥が深いです。

101-7.jpg

再び仲見世前を通り、テラスから帰る事にしました。

101-8.jpg

お天気なので気持ち良いね~。 ご機嫌ではありますが、さっき買った船和の芋ようかんが

気になって仕方ない。

101-9.jpg

ではここで、休憩しましょう。 

タイショウにも1本あげて二人での~んびり川を見ながら芋ようかんを食べる私達。

101-10.jpg

あ~~~ん、おいちぃ。

結果、本日の歩数は13227歩、672カロリー消費いたしました。


コメント(0) 

夜散歩 [散歩]

食欲の秋から冬、、、、、体が重くなってきたワタクシ。

そんなことから、夜散歩をワタクシが行う日が多くなりました。

タイショウはジロ父と好き放題の散歩を楽しんでいるため、自分でコースを決めようとします。

そんなこと許すはずがないジロ母と格闘散歩を楽しんでおります。

この日は約10000歩、日本橋をウロウロしました。

100-2.jpg

三越のクリスマスウィンドー前で記念撮影です。

今年は可愛いお部屋の中を覗けるクリスマスの夜という作りで、行き交う人が

足を止めて覗いたり写真を撮ったりしていました。

100-3.jpg

お隣のマンダリンオリエンタルホテル前でのモノクロ風に撮れた写真です。

100-4.jpg

日本橋を渡って帰るんですが、ワタクシが

「左、つけ!」  「とまれ!」 「まて!」

何度も言うもので、勝手がちがうと思いながら歩いていました。

夜は特に気を付けないと危ないので、ピカピカイルミネーション装着して

通行人の迷惑にならないように、自転車に追突されないようにとタイショウの為なんですけどねぇ。

暫くはこうして、けじめをつけながら散歩して行きます。




コメント(0) 

外苑散歩 [散歩]

今年は寒さが進まず、暖かな日に戻ったり強風が吹いたりと紅葉の見頃が

定まらない東京です。

毎年恒例のジロ家外苑銀杏並木散歩ですが、今年は12月迄持ちそうにないので

日曜日にタイショウを連れて行きました。

99-1.jpg

早朝の東京は車も少ないし空気も綺麗です。 タイショウもテンション上がりっぱなしです。

99-2.jpg

国会議事堂を右に曲がり

99-3.jpg

最高裁判所前を通過すれば青山は直ぐそこ。

20分で外苑銀杏並木に着きましたが、すでに人出が多くて出遅れたかと思うほどです。

99-4.jpg

いつもテニスコート脇の駐車場に止め、ここから銀杏並木を歩きます。

99-5.jpg

タイショウは臭い嗅ぎにスイッチが入ってしまい

99-8.jpg

数歩歩いてはオチッコ、また歩いてはオチッコ、外苑を1周したのですが、何十回ひっかけることか

99-9.jpg

もう直ぐ解体される国立競技場前を歩いていると、愛犬家連れ散歩軍団に遭遇しましたが

すれ違う時もお行儀よくて、タイショウも怖がらずにご挨拶出来ました。

いつ来てもお行儀の良いワンちゃんに出会うので、躾が完璧な地域なのだと感じます。

99-10.jpg

絵画館前から外苑を望むと、、、向こうに銀杏の頭が見えます。

99-11.jpg

リードを長くしてもらい、偉そうに先頭切って歩くタイショウはもうテンションが上がりっぱなしで

相当嬉しかった模様。

99-12.jpg

再び外苑に戻り、銀杏祭りの屋台で珈琲ブレイク。

99-13.jpg

駐車場まで戻る間感じた事は、今年の銀杏はかなり落葉が早かったのか、とんがり銀杏が

極端なカタチになっていたし、銀杏ジュータンが無かったことから色の鮮やかさはイマイチです。

99-14.jpg

前方を歩くシェパードはタイショウの脇を何食わぬ顔して通り過ぎて行き、タイショウも静かに

やり過ごしました。

犬も相手がマナー良ければ合わせるんですね。


帰りに麻布に寄って見る事しました。

99-15.jpg

鳥居坂を上って鳥居坂教会の前を通って、横道に入ったら六本木に出てしまいました。

99-16.jpg

ここ有名な「田舎家」ハリウッドの役者さんが必ずと言って良いくらい訪れるお店です。

単なる炉端焼きなんですけどねぇ。

ここからが大変!

私達は迷子になり、西麻布へ戻りたいが戻れない、、、、、。

99-18.jpg

建物を目指して歩くのですが、横道が多くて益々分らなくなる。

99-19.jpg

麻布もこういう昭和レトロな家も残っているのです。

99-20.jpg

偶然入り込んでしまった外人住宅エリア、かなり驚いたのは、このエリアが日本では無く

全くの外国と感じる事、日曜日で人が居なかったから通れたのかも。

ふぅ~~~ん、知らない所ってあるものです。

でも、凄く素敵な環境と建物だった。

結局、ここからどんどん方向を間違え、中国大使館の前に出て来てしまいまして

警察官が沢山居るエリアなので訪ねる事にしました。

何度も大使館前を通るので、挨拶されてしまいましたが、目指せ鳥居坂信号!

99-21.jpg

テレビ朝日のある、けやき坂迄やっとこさ辿りつき

99-22.jpg

此処までくれば大丈夫だと豪語するジロ父の後に付いて歩くのですが

もう、すっかりお上りさん状態で、東京の広さに改めて驚かされた次第です。

ほんと、東京は広いのです。 坂道はあるは路地は複雑ですから甘く見たら

えらいことになります。

99-17.jpg

鳥居坂信号を渡り、いつものパン家さんでサンドイッチを買って車の中でお昼をして帰りました。

よく歩いて汗もかいて迷子の3人組でしたが、無事に帰宅して

あ~~~やれやれです。





コメント(0) 

甲斐お台場を行く2 [散歩]

88-10.jpg

海岸をずっと進むと、小さな島があります。

台場公園http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E5%A0%B4%E5%85%AC%E5%9C%92

ウィキペディアに詳しく載ってました。

88-13.jpg

熊さんと陽ちゃんが遊ぶ遊ぶ、楽しそうに~

88-12.jpg

木陰で休む黒犬達

88-14.jpg

このような細い階段やけもの道のような坂道がタイショウ大好きです。

88-15.jpg

帰りは元来た海岸を歩きましたが、ビーチボールを楽しむ人達で歓声があがっていました。

あ~、平和な風景だ、、、、ちっとも殺伐としていない。

笑顔のスポーツマン、穏やかな自然の風、青空、、、、、、。

犬達だって、表情が違っているものね。

浮世の面倒なこと忘れて、パァ~っと気分を解放するの大事だ。

88-18.jpg

ドッグカフェにも寄ったよ。 皆お行儀良くて偉いね。

88-19.jpg

熊さんはお兄さんの足元で安心しきって寝てましたし

陽ちゃんもリラックス、タイショウも伏せして休んでました。

楽しかったね!

ジロ母、エネルギーがフツフツと沸いてきました。

また、次回楽しみにしていますよ。


コメント(0) 
メッセージを送る