So-net無料ブログ作成
検索選択

甲斐犬お台場を行く1 [散歩]

かねてから、お散歩の約束をしながら、なかなか実現できずにいましたが

やっと本日、秋晴れのお台場を散歩しました。

88-1.jpg

人口海岸ですが、磯の香りもして本物ですよ。

モノレールからは眺めることがありましたが、歩いてみると

これが結構良い景色で

うわぁ~っと声をあげてしまう。

88-2.jpg

対岸には東京タワーも見えて、東京がぐるりと見える場所としては

とても珍しいのではないかな。

88-3.jpg

さぁ、出発!

熊さん、陽ちゃん、タイショウの揃い組です。

88-4.jpg

歩け歩け、、、、マーキングも忙しくて。。。。

88-5.jpg

レインボーブリッジが目の前に見えてきました。

88-6.jpg

外国人家族が子供に水浴びさせていたり、ゴールデンちゃんが泳いでいたり

東京マラソンスイミング開催中で賑やかな事。

88-7.jpg

砂浜を楽しそうに歩く犬達

88-8.jpg

砂浜に小さな砂団子が、、、、、、小さいカニが出入りしてたので?ってなタイショウ。

88-9.jpg

穏やかな海の向こうの景色。
コメント(0) 

チョイと日本橋まで [散歩]

ジローに似て、人通りの多い街中を歩くのが好きなタイショウ。

ジローは人が見ているとシャキッとして歩きましたが、タイショウは対面する人の表情を

見ながら歩き、ニッコリ笑顔を見せようものなら、た~いへんな事になります。

ある日の夕方散歩、会社帰りの人でワンサカの日本橋界隈を行く~。

70-1.jpg

日本橋交差点のベンチでひと休み中に

「甲斐犬ですか?」

声をかけられること数回、、、、、その度にタイショウは

「そうそう甲斐犬なの~、僕ちん」

尻尾ふって近づき、見て見てコール。

誰かに声をかけてもらおうと、歩行者の顔を、、、、、、。

信号待ちしている人や通りの向こうからわざわざ見に来てくれる人が

声をかけてくれて、満足そうなタイショウです。

70-2.jpg

ビルの隙間から夕暮れの空が見えますが、空が狭いね。

70-3.jpg

呉服橋交差点でオチッコして、さてさて皇居へ行くか、はたまた迂回するか?

70-4.jpg

皇居は行かないと言って、日銀方面へと進むタイショウ、左の建物が日銀ですけど

大規模金融緩和策って、いつ頃になったら僕ちんの家にも恩恵が回ってくるんですかい?」

オシッコしそうな雰囲気なので

「罰があたるよチッコはダメ!」

いそいそと中央通りに出ましたさ。

70-5.jpg

右に三越、左にコレド室町

70-6.jpg

コレド室町の粋なのれんがお江戸って感じなのです。

70-7.jpg

日本橋中央柱の麒麟の下、日本橋川を見下ろす、、、、何か良いもんないかな~

70-8.jpg

テラス席でもうビールなんか飲んじゃって、、、、、ってタイショウは行けないのよ。

日本橋の真上を高速道路が走り、台無しにしてくれたのですが、この景色にも、もう慣れてしまった。

70-9.jpg

榮太楼本店の前で覗きこんでみる。

70-11.jpg

コレド日本橋の向かいは再開発中で、クレーンの長いこと、そして圧巻な眺めでもあります。

ぐるっと回って、日本橋交差点に戻り、ここからひたすら我が家を目指して

スタコラ歩くタイショウでした。
コメント(0) 

久々に歩いた歩いた [散歩]

夜散歩はジロ父のお仕事になりつつありますが、今日はワタクシメが気合を入れて

ガンガン歩きましたよ。

67-4.jpg

スタートは両国橋

靖国通りをひたすら歩いていたら、なんと突然右回するタイショウ。

好きに歩かせてみたならば、、、、、三井記念病院をまたまた右回。

67-5.jpg

キヤァーーーー、タイショウ!

なんでここで立ち止まり、クンクンするのか?

わからん???

67-6.jpg

グルグル回り歩いて、浅草橋ガード下に出て来た。

飲み屋街だけど面白い街なので、タイショウもこういう賑やかで色々な匂いを楽しみたいのかも。

67-7.jpg

信号待ちしていたら、

「甲斐犬ですか?」

と声掛けされて、暫し甲斐犬のお話を楽しみました。 甲斐犬好きの方が案外多いですよ。

67-8.jpg

ここからはタイショウの目指す「柳橋」へテケテケ急ぎ足なんですわ。

67-9.jpg

佃煮屋さんの店先を嗅ぎまわる犬、、、、怪しげ。

67-10.jpg

もう夜の7時を回っているのに、夜景モードで撮るとこんなに明るいんです。

67-11.jpg

いつもの風景で、変わりばえしないのですけど、タイショウの好きな散歩コースは

こんな感じで、飲み屋街や超下町の裏通りがお好みなもんで、、、、。

結局、新しいコース開拓はなかなか難しいですね。

67-12.jpg

ハイ、帰ってきました「両国橋」へ。

67-13.jpg

この時間になると屋形船も行き来して、隅田川も賑やかです。

今度、東京スカイツリーの夜景を見に、押上遠征してみよう。


コメント(0) 

ソラマチへ行った [散歩]

東京スカイツリーに併設された「ソラマチ」へ行きました。

友人と隅田川テラスを歩いていて話題がスカイツリーに、、、、「行くべ」

即地下鉄に乗り押上へ。

60-19.jpg

地下鉄から、そのままソラマチへ繋がっているのです。

60-20.jpg

面白いのはソラマチの地下からスカイツリーの足元を見る事が出来ます。

真ん中はこんな風になっているのね。

60-21.jpg

これはスカイツリー付近の江戸時代と現代をコラボして描いたものですが

60-22.jpg

船や車が動き、ところどころに遊び心があり、絵の楽しさに暫し見とれてしまいました。

60-23.jpg

館内は広々していて、東京に本社を置く商家や会社が頑張っているのには驚いた。

ソラマチバージョンをそれぞれに開発しているので、魅力溢れる数々にも驚いた。

60-24.jpg

「問屋国分」さんに嵌った私達。 一緒に行った友人の実家は酒屋さんだったので

「あのパイナップルの缶詰めは贅沢だったよね~」 「凹んだ缶詰めしか食べさせてもらえなかったよ」

とかすっかり昭和に戻ってしまった。

これから「桜えびの炊き込みごはん」の缶詰めを試食します。

60-26.jpg

色々な炊き込みご飯があるんですけど、試食した桜えびご飯の美味しいのには感激で

ついつい商人目線になってしまうんですよ

「よく、考えたよね~」 「よくやったよね」

60-27.jpg

国分さんのまわし者ではありませんが、兎に角、此処までの仕上がりの努力は涙ぐましくなります。

60-28.jpg

懐かしいパッケージの数々。。。。


60-29.jpg

墨田区の職人さんが作った品物を並べたお店の床です。 いいでしょう~、床に猫の足跡

しかも金ですよ。

60-30.jpg

まち何処でお茶しました。  ほうじ茶と抹茶パフェを。

60-31.jpg

友人はもなかの皮にパフェ、、、、昔、近所にもなかの皮を作る店があっていろんなカタチの皮を

見て面白かったって話してましたがそうなんですよ、下町は小さな工場が沢山あって

それも今では信じられない物を作る工場がありましたね。

60-32.jpg

「木目込みめでた飾り」

お茶何処の壁に飾られていて、これも職人仕事です。

大丈夫?と思ったのはこの下にチョロッと見える、金の置物達、、、、無造作に置いてるけど

触れるし、ケースに入れないって所が江戸っ子だねぇ。

60-34.jpg

東だ西だと移動するたびに渡り廊下を歩くので、こういう風景も楽しめます。

60-35.jpg

外に出られる屋外休憩所もあり、外人さんは外が好きらしく風が強かろうが寒かろうが

外でお茶を楽しんでいました。

川も整備されて、船にも乗れるらしいので次には乗船してみたいですね。

60-40.jpg

可愛いクッキー屋さんで、孫の誕生日祝い用に買ったんですが、これまた良く出来てるんで

食べるのがもったいないかも。。。。。



半分も見きれなかたけど、また遊びに行きたいですね。

魅力満載の東京スカイツリーに是非お出かけになって下さい。

ジロ家は5月に結婚式があるので、その時に親戚と一緒にスカイツリーに上ることにしましたが

ネットで二カ月前から予約できますよ。

新鮮で安い魚や野菜が魅力のスーパーも併設されていて、それも出口の近くなので

近所のおばちゃん達がつっかけで買いものに来ていまして、驚きましたね。

私達も遊んだ後、晩ご飯の食材を買ってスムースに帰る事が出来る訳で

これでは地元にお金は落ちませんし、さびれた商店街を歩く気にもならずです。

60-36.jpg

一歩も外に出ず、電車や地下鉄に乗れますから本当に良く考えられています。

60-37.jpg

友人と駅で別れて、ジロ母は外に出てみました。 

首が痛くなるくらい見上げないと視野にはいりませんね。

ソラマチに恐れいりましたと思いながら帰ってきました。






コメント(0) 

ビバ!上野! [散歩]

上野のお山入口に「大寒桜」という早咲き桜が見ごろと聞いて友人と行って参りました。

60-1.jpg

左右とその間にやや小さめの桜が鎮座しているのですが、友人曰く、真ん中の桜の開花が

遅れて、ここにきてやっとこさ開花が始まったのだと、、、、なんで詳しのか?

昨日、開花確認しに来たんだと。

60-2.jpg

このたった三本の桜を見に来ている人の多さときたら、日本人だけじゃなかった。

60-3.jpg

この木は枝垂れ桜ですけれど、早咲きなんですね。

上野のお山の染井吉野はまだまだ蕾は固く、でも開花が待ち遠しくて、おっさん達はシートを広げ

蕾の下でお花見をするのでありました。

「待ち遠しい」

そういう気持って桜に思いを馳せる日本人ならではなのでしょう。

見頃を逃すまいと集まる人、もう直ぐ開花だと思うとワクワク感で笑顔になる人

「わ~キレイ!」

静かな歓声が聞こえますが、大寒桜は沢山の人に愛でられ褒められ、さぞや気分がよろしいでしょう。


寛永寺さんへお参りして

60-4.jpg

清水観音堂には失礼ながら、笑ってしまう似非清水寺なんですけれど

見通しは良いが、観音堂床はそう高くはないし、前庭も猫の額なのです。

でも、徳川さん、、、、、やってみたかったんだね。

60-5.jpg

不忍池は枯れてしまった蓮の処理作業中ですが、ここにも桜が咲いていました。

「寒緋桜」

60-6.jpg

可愛いんです。

60-7.jpg

ここは、まだまだ蕾が固い

60-8.jpg

弁天様にもお参りして

60-9.jpg

メガネの碑にもご挨拶しましたよ

60-10.jpg

暖かい日なので鳩も水鳥も仲良く日を浴びていて

60-11.jpg

「下町風俗資料館」の猫も日向ぼっこ

ついつい人間も気が緩みますねぇ。


寛永寺さんの敷地内の神社仏閣は全部お参りして、上野の街に下りる事に

60-12.jpg

上野は老舗が残っている為、散歩も楽しいんです。ここは創業260年有名な鰻の「伊豆栄」さん

60-13.jpg

美味しそう~~、こんど来るとしよう。

60-14.jpg

ここも創業277年櫛の「十三や」さん。

友人が椿油を買うと言って入店しましたが人でいっぱいの店内に友人は「やめた、次にするわ」

とっとと出て来た。

面白い上野を見て歩きたいと言ったら

「上野は奥が深くて、ものすごく楽しめるところだけど、歩くんだったら一日がかりよ~」

と次回にまわされてしまい、何と連れて行かれたのが

ABABとその並びにある店じまい婦人服の店。

ワタクシ、下町育ちで近場なのに上野は子供の頃、母に連れられて来た記憶くらいで

お上りさん気分でさっぱり分かりまへん。

しかし、ABABが思いのほか楽しいかった、独特だね~この品揃え。

見ているだけでワクワクしてくる。 商店街にはホステスさん向けの超過激なドレスを

扱う店もあり、興味津々で店内を見て歩いた。

友人はご先祖様が上野に住んでいたから好きなんだそうで、上野の主みたいに見える。

はぁ~、楽しいね!

浮かれて上野を後に、、、、、今日の目的は

島根館となりにある「主水」

60-16.jpg

ここの生牡蠣を食べるのです。

60-15.jpg

旨っ! 

つい寡黙になり、、、、、、ました。

60-17.jpg

ビールは地ビールです。

島根県から観光アピールの職員も仕事していて、なかなか熱いんです。

日本海の新鮮な幸を提供する店として、日本橋では安くて美味しい有名店となっていますが

このように熱意が伝わる店も良いものです。

島根の話もしつつ、二人の夢が出雲大社、隠岐の島を訪れる事なので体が元気になったら

必ずや実現したいです。






コメント(0) 

寒い夜散歩 [散歩]

風の強い日が続き、橋を渡る時は飛ばされそうになります。
でも空気が澄んでいるので、夜景はとても綺麗。
では夜景シリーズ写真
55-6.jpg
鎧橋の近くにある鰻の老舗

55-7.jpg
この道を真っ直ぐに進めば家に帰れるので、タイショウは寄り道しないでひたすら真っ直ぐ歩く

55-8.jpg
信号待ちしている時、あの明るい店内が気になる

55-9.jpg
素敵な照明器具が商品として並んでいるので明るいんだけれど、和物の照明は好きですね。

55-10.jpg
親子丼の「玉ひで」さんの脇を通り

55-11.jpg
これまたふぐ料理の老舗「かねまん」さんの前を通過しながら通りを渡ると

55-12.jpg
黄金芋の「寿堂」さん

55-13.jpg
おぅ、やっとこさ隅田川を渡り、、、帰宅を急ぐ働く人々で橋の上はかなり込み合うこともあり
タイショウは自転車にはねられない様に左付け!で歩きます。

55-14.jpg
両国橋方面を見ると、マンション群の窓明かりが綺麗で温かい

55-15.jpg
歩いた歩いた~~~~
帰ると早速、ソファーでくつろぐタイショウ、

「お母さん、晩ご飯早いとこたのみますよ!ネッ!」
コメント(0) 

麻布十番を歩く [散歩]

2012-1021siba5.jpg

向こうに見えるビルのガラス面が赤いので、何だろうと思ったら、東京タワーが映っていました。

東京スカイツリーに押されて、しょぼい事になっているのではと心配していましたけれど

ご本家タワーは健在で、観光バスが次々到着しているのを見て、ジロ父共々

いかったいかったと胸をなで下ろしました。


ついでに西麻布迄、足を伸ばそうと思い

2012-1021azabu1.jpg

来ましたよ麻布十番まで

2012-1021touryu.jpg

商店街巡りが好きなので、歩きだして、先ずは「登龍」さん、ふらふらっと入ってしまうんですが

本日は犬連れなので我慢我慢

駐車場を探している途中、車内から甲斐犬を連れている女性を発見したので、ジロ父と追いかけました

しかし、残念ながら見つける事が出来ませんでした。

麻布に甲斐犬が居るんだね~と言いながら、オシャレな街にもピッタリな黒犬を見て、ジロ家は

興奮してしまったのでした。

2012-1021saka.jpg

兎に角、坂が多いのです。

面白そうなので、次には麻布の坂道をタイショウと歩きたいですね。

2012-1021azabu2.jpg

オシャレな街なのですが、下町っぽさも残っていて、新旧入り混じった不思議な街でもあります。

商店街を歩いて、カラフルギャラリーを見つけました。

2012-1021panya.jpg

ここ有名なパン屋さんです。  

 ジロ父はお腹すいたのでいつもの「サンモリッツ名花堂」でサンドイッチを買ってました。

2012-1021naniwaya.jpg

「浪速家」さんでたいやきを買いました。

2012-1021taiyaki1.jpg

久しぶりなので楽しみ~~~~

2012-1021taiyaki2.jpg

尻尾まであんこが入っているのですが、、、、、、ガッーーーーーーーーーン!

お味が劣化してました、ホントにショックでございます。

あんこが違ってましたんで、もう二度と買う事はないでしょう。

2012-1021tanukiya.jpg

次に「たぬき煎餅」さんに立ち寄りました。

たぬき煎餅とわさび煎餅を買って、今日の麻布十番めぐりを終わりましたが、ジロ母は2軒ほど

チェックしたお店があったので、次には一人で来てみようと思います。

あ~、楽しい休日だった。


東京タワー~芝公園 [散歩]

2012-1021taisyou1.jpg

日曜日に思い立って、芝公園散歩を敢行しました。

高尾山へ登る予定なので、飼い主の足慣らしも兼ねて、平坦な公園に毛が生えたような起伏チョイ有りの

芝公園付近をウロウロしました。


2012-1021cyusyajyou.jpg

芝は坂道が多く、足腰には良いかも~

東京タワーに「南極で働いたカラフト犬の像」があります。

2012-1021shiba5.jpg

以前は粗末な扱いで、タワーの隅っこにひっそりと佇んでいたのに、手入れをされて像も綺麗になって

レリーフも新しく作りなおされていました。

この子達は観測隊員と共に働く「南極観測隊犬」です。

当時はこの子達がいなければ観測地点まで移動は出来ませんでしたから、隊員以上の

仕事をしていたと思います。

ですから立派な日本の観測隊員という訳ですね。 粗末に扱って欲しくありません。


2012-1021inu2.jpg

15頭のカラフト犬の写真を撮りました。 全員写ったかな?

2012-1021inu1.jpg


映画「南極物語」をご覧になった方は過酷な地で生き抜いたタロ、ジロに涙されたことでしょう。

2012-1021inu3.jpg

分厚い被毛のカラフト犬達の銅像は逞しく、賢く、立派でありました。



銅像の脇を抜けて芝公園へと入りました。

2012-1021siba1.jpg

此処の場所、かなり急こう配なので、ジロ母駆け登るの大変!

タイショウは大喜びして、忍者のようにヒラ~リと駆けあがるもんで付いて行くのは、、、、、???

2012-1021siba3.jpg

オシッコして思い切り蹴りあげるし、、、、若いタイショウは本気出したらこうなっちゃうのね。

ははぁ~ん、街中散歩は半分押さえていたんだわね。

これも訓練の成果であった訳なんでしょうが、山行ったらこりゃ大変だ!

グビグビ引っ張られて行くと

2012-1021siba2.jpg

小さなお地蔵さんが公園内にありました。

お参りして、、、またもやグビグビ引っ張られ小高い場所まで引き回されと

2012-1021siba4.jpg

高台に小さなお社がありまして、タイショウとお参りしました。

公園内を2週させられてようやく、駐車場へと向かい

東京タワー脇の「芝、豆腐屋うかい」さんの前で

2012-1021taisyou3.jpg

厚かましくも記念撮影させて頂きました。

2012-1021taisyou2.jpg

これから麻布十番へ向かうよ~~~







べったら市へ [散歩]

日本橋掘留にある宝田恵比寿神社のべったら市でした。

2012-1019bettara4.jpg

夕方、タイショウと出かけて見ましたが、仕事帰りの会社員でいっぱいです。

人形町界隈の名店も出店しているので、美味しいものが食べられるわけです。

2012-1019bettara2.jpg

お参りをすませ、立ち寄ったのがコロナビールの店

2012-1019bettara1.jpg

レモン絞って、グビグビーーーっと

2012-1019bettara3.jpg

小春軒さんの大エビフライがこれまた美味しいのだ、、、、ビールがすすむ

2012-1019bettara5.jpg

タイショウは人混みを歩くの慣れてないので、落ち着かず危なかったです。

2012-1019oden2.jpg

帰りには人形町の裏通りにある「美奈福」おでん屋さんでおでんを買ってかえりました。

2012-1019oden1.jpg

ガラス戸の奥に名物女将が見えますが、80歳をとうに越えているのに気合が半端じゃないんです。

時々、お顔を見ないと気になって仕方ない存在で、今晩もシャキシャキ動き回っておられました。


蔵前~浅草~両国 [散歩]

2012-1010kuramae2.jpg

今日も蔵前方面へ、、、、花火屋さんだ!

おもちゃ屋の多い地域、昔はバギーカーや三輪車やお絵かき道具など買いに来たものだ。

2012-1010mamusi2.jpg

ちいと変わった店もある

2012-1010mamusi1.jpg

ギョ! エッ!

猿頭、狐の舌、、、、、気持ち悪いではないか。

2012-1012taisyou.jpg

吾妻橋からの眺めはなかなかですね。

で、またもや浅草まで足を伸ばしてしまい

2012-1012asakusa1.jpg

浅草寺さんでお参りして、帰り道ウロウロ歩いていたら

2012-1012mokubakan.jpg

「木馬館」という大衆劇場の前に出ました。

恋川 純さんという役者さんの人気は相当なもので、御贔屓すじさんが行列していました。

確かに、、、、色気ありますわ。

タイショウは飲み屋街を歩くと、すーーーーっと店に入りかけるので危ないんです。

夕方になり、焼き鶏屋の匂いに誘われる誘惑を断ち切り

2012-1012taisyou3.jpg

いそいそ帰るのでした

2012-1012komagata.jpg

隅田川を渡り、 

対岸に沿って歩いていると、もう日暮れになりなりました。

2012-1012sumidagawa.jpg

国技館の脇を通り、、、、、オンヤッ!

2012-1012popai1.jpg

探していた「ポパイ」を見つけました。

世界のビールを飲ませてくれるお店、かなり有名店で予約が必要なんですが

ビール好きのタモリさんもいらっしゃるのに、長年見つける事が出来なかった。

今度、必ず行ってみよう。




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。