So-net無料ブログ作成

収容犬総括 [収容犬]

すっかりご無沙汰しておりました。


今年も熊兄さんから、収容犬の総括報告が上がりましたので

一年間の総括を添付いたします。

2015syuuyouken.jpg



今年の甲斐犬の収容数は159頭で、引き出し確認できたのは30頭(里親譲渡含む)

甲斐犬似の収容数は88頭で、引き出し確認できたのは7頭(里親譲渡含む)でした。

今年際立って収容数の多い県がありましたが、その県在住の犬舎さん曰く里親ボランティアの精力的な活動で引き出されることが多いと以前聞きましたから、実際の引き出し数は30頭以上になるでしょう。

テレビや書籍雑誌で日本犬がとりあげられることが多くなった昨今、甲斐犬も御多分に漏れず知名度が上がっているように感じます。そしてそれに伴い甲斐犬を伴侶犬に選ぶ方も増えてきているように思います。

飼ってみてわかるその犬種の魅力
縁があって甲斐犬を飼った方は、その魅力を日々の生活で堪能しておられるかと思います。

収容犬活動の経験から、甲斐犬は耳ざとく大変活動的であるため、打ち上げ花火や雷等の轟音に気が動転し脱走してしまった時には、思わぬところまで“飛んで”しまうことがあります。

都市部においても交通量の多い幹線道路をいくつも越えた先で保護されたケースがありますから、緑が多い地域ですとどこまで行ってしまうか想像がつきません。

もし失踪してしまったら最寄の保健所はもちろんのこと、住まいの場所によっては隣県・他地域に越境してしまう可能性が十分ありますので広範囲の届出をしていただきたいと切に願います。

犬が行方不明になってしまい必死の思いで捜索されている方のために
県・地域・犬の性別・犬具の有無といった情報を、ネット検索をした時にヒットしやすいように簡潔にまとめて掲載してきました。
少しでも役に立ったのなら幸いです。

2007年に失踪した一頭の甲斐犬を見つけるため、何か出来ないかと考えた末に始めた甲斐犬収容情報活動ですが、昨年の総括で記したように今年をもって一旦区切りにするつもりで続けてまいりました。

そのつもりなんですが・・・なかなか踏ん切りがつきません。

とりあえず年明け仕事始めまでゆっくり考えてみることにして
収容犬総括といたします。

ジロ母さん今年も大変お世話になりました。


2015kuma.jpg


コメント(0) 

大晦日に寄せて [収容犬]

           今年も収容犬の検索を毎日欠かさず行って下さった

                       熊兄さんから

               今年の総括のお知らせを頂きました

              全国の収容施設の甲斐犬を探しだして

              迷子になって探している方に連絡をされる事も

             無事、飼い主さんの元に帰った子もいました

              7年もの間、地道に続けてくださった事

                 本当に頭が下がる思いです

                  捜索活動もされてきましたが

      熊兄さんが居なければ、きっと助かる命も無かったと思います

               長い間、本当にお疲れ様でした

                そしてありがとうございました

             以下は熊兄さんのブログを転写しました


*******************************




保健所サイトの更新が終わったようです。

収容犬.png

12月29日現在
今年の甲斐犬収容数は177頭、引き出し確認できたのは45頭(譲渡含む)
甲斐犬似の収容数は111頭、引き出し確認できたのは9頭(譲渡含む)

今年は同一県で甲斐らしき子犬が多数放棄されているのが目立ちました。
一体どうなっているのか?今年に限ってなぜ?皆目見当もつきません。

昨年の総括で危惧していたとある県は、その後他犬種の大量投棄で世間的に注目されることに
対策がなされたでしょうから、そちらはしばらくは落ち着くかもしれない。

因果応報
心無いことをする奴は、いずれその身に降りかかってくることを覚悟されたし
ただその渦中に甲斐犬が巻き込まれるのは何ともやるせないことであります。

今年もまた収容犬の里親になってくれた方から連絡をいただきました。
私の掲載した情報から引き取ることを決心したという。
本当にありがたい。
どうか幸せにしてやって下さいと、この場でも重ねて申し上げます。

年に数件なれどこのような声をいただくと、私のやっている事もあながち無駄な努力ではないのかもしれない。

一頭の甲斐犬を探す手助けになればと始めた収容犬掲載活動

今や対象は全国47都道府県
316ヶ所のサイトを調べあげ、5ヶ所で情報掲載する
ほぼ毎日の作業
工夫して時間短縮をしているとはいえ、やはり疲れる作業であります。

私なりに思い悩み、考えた結果
来年をもって一旦掲載活動に区切りをつけることにしました。

一応決めたこととはいえ、一年やり終えた時にまだ心に“何か”が残っていれば継続するかもしれない。その時点になってみないとわかりません。

とりあえずまた一年
引き続き皆さんの協力をお願いして今年の総括といたします。



コメント(0) 

今年の総括、、、、熊兄さん [収容犬]

今年も収容犬検索をして下さった熊兄さんが総括をされています。

毎日、遅くまで日本全国の収容施設を調べて、甲斐犬らしき犬を掲示板に載せて

発信をして下さっています。

本当に頭が下がる思いです。

飼い主さんの元に帰った子達の中には熊兄さんの掲示で救われた子達も居るので

ご苦労ではありますが、来年も続けて頂きたいと願うワタクシです。

熊兄さんのブログで「今年の総括」を挙げておられますが、ワタクシのブログに転写させて

頂きました。

以下に添付致しましたのでお読み下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



収容犬の情報更新が終わったようです。

12月29日現在
今年の甲斐犬と見られる収容頭数は 224頭(返還確認41頭)
甲斐犬似の犬の収容頭数は 102頭(返還確認14頭)

依然として多い。
そして数年前までとは変わって誰が見ても甲斐犬だと判断されるような犬が多くなった気がする。飼育頭数が増えてきたからか?わからない。

毎年情報収集していると
あぁこれはブリーダーの崩壊だとか、捨てられたものだとか、何となく背景が感じとれるようになってくる。やるせなくなることもしばしばだ

そんな中で、甲斐犬に似たような犬がある地域において定期的に収容されていることが気になった。
身体的特徴から出自は共通しているものと推察している。子犬の状態での収容が見られないことから、意図的なものを感じずにはいられない。

もしこれからも継続して起こるようなら、何かしらできないか模索中である。

悲観的になりがちな中で返還頭数が多い傾向にあることは気持ちが少し晴れる思いだ。

返還頭数が上がったのは、保健所職員の一頭でも多く飼い主の元へ帰したい努力の表れは勿論だが
常日頃から情報を気にかけてくださり、時には助力いただいた皆さんのおかげもあると思う。

ここに厚く感謝申し上げたい。

インターネットが様々な情報端末から繋がる現在でも、ネット環境にない方(特に年配者)がいるのは事実である。当然そんな方は愛犬を迷子にさせた場合、収容情報を見ることができない。

もし近隣地域に保護犬が出た時、そのような方が近くにいないか思い起こしてほしい。
そして地域の甲斐友に連絡をまわしてもらいたい。
情報の周知徹底を計れば、返還頭数は増えるはずだと私は考えている。

来年も引き続き情報を挙げていくつもりだ。

今年と違い挙げる情報が全く出ないことを切に願い
2013年収容犬総括とする。

追記
飼い主の迎えがなく、そのままでは処分されたかもしれない、あの独眼竜の犬。
引き出しから里親募集まで幾人かの努力が実を結び、里親さんが決定したとの記事を見かけた。どうか幸せに
.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

熊兄さんのブログは食餌のことも挙げられているので、参考になりますよ。

http://ameblo.jp/kai-investigator/

.
コメント(0) 

甲斐犬政宗君 [収容犬]

すっかり、ご報告が遅くなりましたが、先日センターを出所した政宗君は

翌日、預かりさんのNさんのお宅へアリスの会さんが運んでくださいました。

76-2.jpg

書類手続きの間、お庭を歩いたりおチッコ引っ掛けたり、やや緊張気味で尻尾は

下がったまま、、、、、、。

そうだよね、昨日から目まぐるしく移動をして、不安でいっぱいなんだろう。

76-3.jpg

お庭の蓮の花に、ワタクシはホッとするひと時ですが、政宗君はそれどころではありません。

預かりさんは甲斐犬を2頭飼っておられるので、この度の政宗君を預かる事には真っ先に

手を挙げてくださり、心はウエルカムムードで寝られなかったそうです。

ワタクシも政宗君に会ったことで、かなり心が揺れました、、、、、。

人の心を揺さぶり、わし掴みにする不思議な子。 秘めたるものを持った子。

その政宗君はものの30分ほど、Nさんの家に滞在しただけで、なんと里親さんが声を

あげてくださったそうです。

アリスの会さんが、即、お迎えにいらして政宗君は次の家に向かいトライアルに

入ったそうです。

何が何だか~~~の一日でしたが、幸せへの道も、こういうドタバタで進む事も

あるのだと思いましたが、政宗君が幸せな犬生を送れる優しい里親さんの元で

本当に落ち着ける日が訪れることを祈っています。

お世話になりましたアリスの会さん、そして預かりを申し出て下さったNさん

本当にありがとうございました。

76-4.jpg

ぼーーっとして、神楽坂駅に降りてしまい、素敵なベンチ発見。

流石、神楽坂~。






コメント(0) 

秋田犬の収容犬は引き出されます [収容犬]

倉敷で保護収容された秋田犬は、引き出される事になっています。

直接、存じ上げない方なので預かりさんなのか里親さんなのか分りませんが

殺処分を免れて、無事に出所出来、本当に良かったです。

幸せな犬生を送って下さいね。
コメント(0) 

秋田犬の収容犬 [収容犬]

akitainu.jpg

知り合いの方から、呼びかけの依頼がありましたので、以下にコピペですが貼りました。
よろしくお願いいたします。


現在、倉敷市保健所に収容中の秋田犬について、
実際、見に行ってくださったボランティアさんから
詳細を頂きました。そのまま掲載致します。

*なお、現在、もう一匹、倉敷市広江で保護された
メスの犬が収容中です。詳細わかり次第、掲載
致します。http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?itemid=47385#moduleid35978

【急募!!倉敷市保健所・秋田犬】
告示期間が過ぎたため
秋田犬・大型飼育経験者里親募集!!
週明け殺処分予定
7月12日(金曜日)4時までに倉敷市保健所に連絡をいれて
ください。

○連絡先
倉敷市保健所 生活衛生課 動物管理係
電 話: 086-434-9829 
※平日8時30分~17時15分 土日祝除く
e-mail: pubhlt@city.kurashiki.okayama.jp

種  類:犬(秋田犬)
性  別:♂
毛  色:黒白
年  齢:推定5〜6歳

首輪の後がなく
ブリーダーに飼われていた特有の行動があるそうです。
甘えん坊で、職員さんにじゃれて
歯があたることがあるそうです。
表情が子供ぽく、近づくと後ろに下がって戸惑った顔を
しました。
大型犬なので引きも強いようです。
しっぽが秋田犬の巻きがなく短くてショボかったです。
他の犬に噛まれたようです。
吠える声も大きいです。

〓時間がありません!!〓
★大型犬なので、今まで秋田犬・大型犬の飼育経験者・
 飼育環境が整っている方、里親になってください!!
★ご自分で最後まで愛情と責任を持ってこの犬を飼うこと
 ができるかよく考えて引き取ってあげてください。
★倉敷市保健所は、個人(大型犬の飼育経験者)・団体・
 県外の方でも、平日保健所に直接引き取りに行かれる
 場合は、譲渡はできます。
★ボランティア経由であっても譲渡は出来ますが、
 大型犬のため地元ボランティアさんは難しいかもしれ
 ません。
★7月12日(金)迄ですが、引き取りが確定の場合は延長
  していただけます。 早めに職員さんとご相談ください。

*私はシェアしかできませんが、この秋田犬の里親さんが
  見つかるようにご協力お願いします。



コメント(0) 

出所しました! [収容犬]

アリスの会さんの立ち会いの元、甲斐犬君は本日、晴れ晴れとした顔で出所しました。

75-1.jpg

もう、嬉しくて飛んだり跳ねたりして玄関を飛び出て、センターにあるドッグランで

遊ぶのでした。

75-2.jpg

フレンドリーで誰にも撫でさせてくれますし、温厚な性格です。

75-3.jpg

まぁ~、凄いアンダーコートで、バリバリの剛毛ですわ。

75-4.jpg

病院へ向かう車中では、ジロ母の腿の上に乗って、顔を舐めたりするんですよ。

「ん~~~~~、おばちゃん僕、シャバに出たんだよね!」

まるでジローの若い頃みたいに、太ももの上をぐしゃぐしゃ踏みつけながら舐める、、、、。

顔も性格も行動もジローに良く似ているので、涙が出そうになるくらい懐かしさでいっぱいになりました。

ホント、ジローの生まれ変わりじゃなかろうか、、、、と思うほど。

75-5.jpg

病院に着いて、ジロ母と先に院内に入って待つ間、アリスの会のスタッフさんが車を駐車して帰る迄

気が気じゃなかったみたいで、スタッフさんが入って来たら、尻尾ブンブン振り回して

大喜びしました。

助けてくれた人を忘れない子なのだと思いました。

目は緑内障と診断されましたが、失明しているので、これからどのように治療、手術をするか

アリスの会さんがこの子にとって良い選択をして下さると思います。

病院で名前を付けて下さいと言われたので

独眼竜政宗から、「政宗」としました。

明日、預かりをして下さる方の家に行きます。


帰り、新宿回りで、、、、、

75-6.jpg

激暑の本日、ジロ母は心も熱くなった一日で、政宗君との糸を感じながら

シミジミと帰路に向かうのでありました。

75-7.jpg

都営新宿線ホームのベンチがこんな風になっていたことに初めて気付きました。




コメント(0) 

保護犬は無事です [収容犬]

東京収容犬6月27日2013.jpg

収容期限7月5日迄に飼い主さんは現われませんでした。

行方不明の駒ちゃんではないかと、、、、城南島まで会いに行っていただきましたが

駒ちゃんでは無かった。。。。。。。

駒ちゃんの飼い主さんが、保護犬はとても穏やかな良い子で、負傷した目の事は

気にしている様子も無く、元気にしていたと報告をしてくださいました。

そして、何と、預かりを申しでて下さいました。

運のよい子で、入所してすぐに引き出しの動きが始まっていましたから

助かる子の運命とは、強いなにかが動くのでしょうね。

アリスの会さん(http://www.npo-alis.org/)のお力を借りて、9日に引き出しをしますが

ワタクシも立ち会いをさせてもらいます。

里親さん募集も引き続き呼びかけしてまいりますが、怪我の状態など日記にて

お知らせしていく予定です。

BBSに載せてくださった熊兄さんに感謝、そして気にかけて下さった皆様ありがとうございました。




コメント(0) 

保護犬の情報 [収容犬]

東京収容犬6月27日2013.jpg

6月27日収容犬の新しい情報です。

負傷犬との記載内容は目です。

片目が腫れていて、乾燥している状態です。

身体は健康そのものです。

性格はおとなしく穏やかだそうです。

職員さんの見立てでは7才~8才くらい。
コメント(0) 

緊急のお知らせ [収容犬]

東京収容犬6月27日2013.jpg

昨日、6月27日 東京都足立区扇二丁目にて保護されました。

《収容場所》 城南島出張所

《収容期限》 7月5日

《種類》 雑種

《性別》 オス

《大きさ》 中

《毛色》 黒/焦げ茶 ・ 短毛

《首輪》 無

*負傷犬

負傷と記載」されておりますが、どの程度のケガか分かっておりません。

只、城南島出張所に収容された負傷犬は治療を施していただけるそうです。




収容期限内に飼い主さんのお迎えが無い場合、アリスの会さんで引き出して下さると連絡を頂きました。

この子が殺処分から救えるよう、なんとか頑張りたいのですが、先ずは預かり先を確保しなければ

なりません。

そこでお願いなのですが、預かり先及び里親さんを急遽探しております。

お知り合いにお声をかけて頂けませんでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします。

*furujun@dj8.so-net.ne.jp こちらにメールをお願いいたします。


コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。