So-net無料ブログ作成
冥土のみやげ ブログトップ

帯広というところ [冥土のみやげ]

149-10.jpg


                      帯広は大規模農家のため

          右を見ても左を見てもジャガイモ畑、玉ねぎ畑、長いも畑など

              地平線まで広がっているので、景色は単調です

          車がなければ動きが取れないし、自転車で移動しようと思ったら

                 筋トレのような日々だと思います

        70町歩くらいの農家さんが普通に居る訳で、どのくらいの広さかと言うと

          東京デズニーランドが51町歩なので、ヒェ~ってなものですね

      一部自然農法で作付けしている農家さんが4軒ほどおられるのですが

                ご苦労も多い事と思います

          この広大な土地に自然農法の作物がビッシリ実る日が

                 きっと来ると願いたいです


         酪農も盛んなのですが、上川郡にある共同学舎農場では乳製品を作っています


               http://www.kyodogakusya.or.jp/shintoku/index.html

                     この農場の製品は実に美味!

                 丁寧に作られているのが良く分かります。

                 札幌で買ったチーズよりずっと美味しいので

                  十勝地方はチーズも絶品だと知りました

               海のものは少ないけれど、豆の加工も上手いので

             六花亭や柳月という全国区の有名お菓子店もあります

             冬は案外雪は少ないそうですが、寒さは厳しいんだとか

                  道産子1号は来年一年生になったら

               冬も通学路を歩いて通う様になるのか、、、、、

                  大変そうだな、、、、と思うけど

                    まぁ、頑張ってくれたまえ

                     と思う事にしています




139-26.jpg


                蕎麦が美味しかったのですが

             男っぽいというか豪快な味の蕎麦粉

         帯広産の蕎麦粉で打った蕎麦屋も増えているようですので

          これはなかなか、いけるのではないかと思いました



139-25.jpg


            夜は連日、お家で回転寿司を楽しみ、皆、大盛り上がりでした

                 孫娘が店長さんで、大人はお客様

139-1.jpg


         どんどん握るので、食べるワタクシ達は後半、無口になりまして

              店仕舞いしそうにない店長さんに向かって

              蛍の光を歌って終了とさせてもらいました



                朝はお洗濯でママが忙しいので

139-24.jpg


            お邪魔虫のようにお洗濯ものを干す道産子2号

139-23.jpg


          届くまでつま先立ちをする、、、、落としては拾って干す

             手伝っているんだか邪魔しているんだか

                     ママも大変だ


          短い間でしたが、新天地の帯広を存分に楽しませてもらい  

                   本当に楽しかった

       こうして元気に会える事が何よりです、ワタクシもパワーをもらって

                   嬉しいかぎりです 

                   アリガタヤアリガタヤ 

       
コメント(0) 

十勝千年の森 [冥土のみやげ]

                      運動会の翌日
      
           野菜を見たくて芽室のファーマーズマーケットへ行きました

             カボチャ、トウモロコシ、ジャガイモ、ナガイモが

                山のように積み上げられ迫力満点

             カボチャの品種って、これまた多いのです。

          冬至に食べる「雪化粧」という白いカボチャご存じですか?

            東京では見た事がありませんが、この雪化粧は

         冬至までほっぽらかしておいて丁度良い食べごろになるそうです

              マーケットにずっと居たい気持ちでしたが

          「十勝千年の森」というファーマーズガーデンへと向かいました

139-12.jpg


                       広々した緑の丘

139-18.jpg


              走りたくなる気持ち、、、、よく分かるわ

139-22.jpg


                      そうなんです

139-16.jpg


                   お花もすっかり秋色で

139-14.jpg


                    ここも秋色です

139-21.jpg


                そんな気分にもなりますね

           あんまり気持ち良くて寝転がるジロ家一家

139-19.jpg



139-17.jpg



139-11.jpg


            ヤギ舎に猫が居たよ、なんと贅沢な!

             絞り立てをもっとくれと催促してた

139-15.jpg


                   どんぐりハイ!

139-20.jpg


                 遅いお昼を食べた後

139-13.jpg


         迷子になるくらい広くて、いやはや歩いた歩いた

            日が暮れるまで遊んで楽しかった
コメント(0) 

帯広ビックリ運動会 [冥土のみやげ]

                札幌から帯広に転居して初めての運動会

                 と言う事で幼稚園最後でもあるわけで

                 これは行かねば、行って応援せねばと

                  大荷物で帯広に向かいました

         一日4便しかフライトが有りません、おまけにちっちゃいプロペラ機か?

                   と間違えそうな飛行機に乗って

              1時間40分でローカル色豊かな帯広空港到着

139-27.jpg


                      空港前は白樺だった、、、、

139-28.jpg


            そして、短足で筋骨隆々のばんばがお出迎え

139-29.jpg


                フォルスタインもお出迎えしてくれて

139-30.jpg


                     可愛いのなんの


          そして運動会当日はワタクシがお弁当を作らせてもらいました

        家族一緒にお昼を頂くそうなので、お嫁ちゃんにお重を用意してもらい

              朝5時半起床で物凄い勢いで作りました



139-2.jpg


                     園児の数が多い!!!

                 祖父ちゃん祖母ちゃんも多い!!!

139-3.jpg


          テント張ってる家族までいる運動会って初めて!!!

        それだけ広いってことなんですが、街おこしに近い盛り上がり

         大きいシートを敷いて、座ったりしているのだけれど

139-4.jpg


                    どこもかしこも

139-5.jpg


                     並んでる

139-6.jpg


                     キッチリだよ

               でもジロ家は脱ぎっぱなしだよ

139-8.jpg


             お昼になり、お弁当を食べ始めました、、、、、

                     驚きましたね~

        母方のお婆ちゃん、父方のお婆ちゃんがお重を下げて来るんです

           お嫁ちゃんと腰抜かしそうに驚きましたホントニ

                  もっと驚いたのは

             オードブルが宅配で届くんです

                   改めてビックリ!

             蕎麦も注文すれば届くのかもしれない

             幼稚園の運動会にしては凄く豪華絢爛なのです

                     宴会開けそうだ

139-7.jpg


                     ワタクシの事、息子が

                  田舎にこういうばちゃん居るな

       と言ってました、、、、ワタクシは帯広に馴染んでいるのかも?


            午後は「お婆ちゃんお爺ちゃんと一緒に盆踊り」

                  ドンパン節を踊りましたよ

          孫はダンスによさこい、障害物リレーなど出番が多くて

                     大変そうでした

                   最後は盛り上がるリレー

139-9.jpg


            アンカーの男の子の走りっぷりがお見事!

            帯広の園児は運動能力が高く、肥満気味の子供も

           垂直の棒をスルスル登りますし、縄跳びも高度です

                都会の子より豪快で面白いなぁ


           と言う事で、本日の運動会には驚きが多かったけど

         地域性で所変われば、、、、といった経験も面白かったです


コメント(0) 

三日目はディズニーシーです [冥土のみやげ]

子供達が小さい頃に2回、デズニーランドには来ているものの

シーは始めてのワタクシ、遠くから景色を眺める為に歩くんですね。

家の孫には少し、早かったと思いましたし、シーは全く感動も感激もしませんでした。

喜んだ事はレストランにキャラクターが来て、サインや写真を一緒に撮ってくれること

これは嬉しかったようです。

結局、屋内のお子様遊び場でワタクシとジェットコースターやコーヒーカップに乗り

あたしゃコーヒーカップの回転に気持ち悪くなるは

ジェットコースターだって、初体験なので途中で恐いと泣かれたら大変と

しっかり手を握っていたのに、恐がる私を尻目に大喜びしてまして、、、、、

スピード狂である子だと分りました。

何度でも乗る勢いなので

脳みそが撹拌され、おバカになりそうだから、今日は1回のみ!

そう言って切りあげました。

110-24.jpg

ジロ母が好きなメリーゴーランドは不人気なので、乗り放題でした。

良いよねぇ~、夜のメリーゴーランド

なんで人気ないのかな?

大人も楽しめるし、キャラクターも沢山いるし

ワタクシが子供だったら

ずっと乗っていたいーーーーーーーー!

って駄々捏ねると思うんですよ。

そんなことで、ディズニーシーで一番楽しかったのは

メリーゴーランドです。

110-23.jpg

昼間はバギーで爆睡の2号ですが、夜は花火やドデカイ音量にビックリ

札幌でこの音響経験は無いわけで、静かな環境に育つと受け入れがたい事なのです。

パレードも切りあげ、そそくさと帰る一族でありました。

明日はディズニーランドへ行くそうです。

まぁ、ガンバッテ来て下さい。






コメント(0) 

キッザニアへ行きました [冥土のみやげ]

札幌軍団、銀座のおもちゃ屋で遊んだ翌日は「キッザニア」へ

ワタクシは付き添い、、、、、何故付き添いかと言うと

道産子2号のチョロチョロを追いかけること

リピーターが多いキッザニアで、慣れた子供は自分で動くことが出来るが

道産子はスノーブーツ履いてフラッと上京して、東京の人の多さや規模の大きさに

あっけにとられ、何が何だか、、、、状態

親もスッカリ東京のリズムや地理を忘れているではないか

いやはやお役にたてるかどうか分らないが、付き添いさせて頂き

ついでに楽しませてもらう事に、、、、、。




しかし、このキッザニアは良く出来たアミューズメントです。

子供の街であり、運営を子供達が行い、お仕事をしてお給金を頂き

銀行口座を開設し、カードを発行してもらいます。

3才から15才迄の子供が楽しむ事が出来るので、就職先も沢山あります。

ここでは就職難という問題は皆無、でもね働くからにはルールがあり

それなりに厳しいので、子供達の表情を見ると緊張感いっぱいで

子供騙しでないことが分ります。

親から離れられない子は難しいですけど、3才児でも頑張ってやりきる子も居て

お~っと思ったり、感動します。

道産子1号は希望だったピザ屋さんで先ず初めてお仕事

110-7.jpg

右側に居るチョッと大きなお兄ちゃんは八戸から来たそうで

道産子1号はお隣のお兄ちゃんをお手本にピザ作りしてました。

110-25.jpg

本格的に作るのですが、インストラクターのお兄さんはあまり手を出さず

子供のやる事を補佐する程度なので、説明を良く聞いていないと出来ない訳で

どの子も真剣です。

生地を伸ばしたところですね。

具はそれぞれが選び、チーズを乗せ焼いて仕上げます。

110-10.jpg

焼き上げたピザを頂き、私達もご相伴にあずかりましたが、とても美味しくて感心してしまった。


近くに竹中工務店の東京スカイツリー現場があったので

ワタクシ面白そうで、暫し見学しました。

110-9.jpg

設計図を広げて、なにやら段取りの打ちあわせしているんですね。

ここは小学生が多かったけど、クレーンも動かせてもらえるし

110-8.jpg

タワーがどんどん高くなる様は大人も嬉しくなりますが

危険な仕事なので、インストラクターの声も大きく厳しいです。


さて、戻って見ると

これまた食べ物、、、、ハンバーガーショップですと。

110-13.jpg

紙で包むの難しそうで、どうにか出来上がり

早速、家族で試食を楽しみました。

一番可哀そうなのが2号です。

110-15.jpg

参加出来る年齢ではないし退屈しますねぇ。

場内を走り回る事くらいしか楽しみは無いので、追いかけまわすワタクシです。

印刷会社ではカレンダー作りが出来るんですよ。

会社の一室でPCに向かうOL風お仕事、制服なんて着ちゃって

パソコンクリッククリック、厳しいOLの顔してました。

大きな自作カレンダーを受け取り、満足気でしたが

息子が将来のOL道産子を見ているようだと笑ってましたよ。

集英社では漫画作りが出来るし、動物病院では手術も執刀出来ます。

かなりリアルなので、血を見ても大丈夫ですか?

と確認されます。

まぁ~、楽しいので、ワタクシもちっちゃくなって紛れ込みたくなりました。

110-14.jpg

森永の仕事着が可愛いのです。 男の子もお似合いで可愛い!

110-16.jpg

スノーブーツが笑える。。。。。。

ババロアを新開発商品として作るんですが、デコレーションは各自好きなように。

仕上がったら、開発ノートに使った食材、ネーミングなど書いて

最後にプレゼンテーションをします。

小さい子供でも、それなりに発表し、参加者全員が立派にプレゼンしてました。

そして、栄養についてお姉さんからお話しがありました。

それなりに栄養は自分達の体に必要な物であると理解したのか

ウンウンと頷いてましたけど。


最後にアルバイトをしました。

クロネコヤマトの集荷と配達です。

110-18.jpg

注意事項を聞いているキッズ達ですが

110-19.jpg

身だしなみを整える

ご挨拶を忘れない

言葉遣いを丁寧に

などとお兄さんから説明を受けて、皆さんジャンバーのファスナーを改めて確認してました。

子供は身だしなみという言葉に即、反応するので、これは家庭でも習慣になると

素晴らしいのにとだと思ったワタクシ。

そして責任ある仕事をするのだから、お仕事の前に規則を守ることなど説明があった模様。

110-20.jpg

依頼主の所へ集荷に行き、預かった品物をカートに丁寧に入れて

集荷所に運びます。

カートを引く子と車が来ないか人が居ないか前方や左右を確認しながら

先導する子に別れて、共同作業です。


デスクで仕分けして、配達に、、、、、

ちゃんと伝票にサインをもらって、受け取り伝票を渡して

「ありがとうございました!」

まるで本物の宅急便屋さんです。

凄いですよね~~~。

無事に仕事が終了すると、お給金のキッザニア紙幣を頂き

この時に子供達は満足度が頂点に達するようで、何とも言えない笑顔とホッとした

安堵感で出てきます。

110-11.jpg

道産子は体験しませんでしたが、立派なキッズ仕様の消防車が

110-12.jpg

ホースから放水するんですが、隊長の号令にキビキビと従うのが、これまた見ていて

楽しくなりました。


やりっぱなしで無いキッザニアのコンセプトが非常にしっかりしていて

子供にも遣り甲斐を感じさせ、働く喜びと達成感を味あわせるという

人間本来の姿を子供達それぞれが見て経験しています。

キッザニアにおばあちゃんの働ける仕事がないかなぁ~。

昆布と鰹節で出汁をとって、お惣菜を作るお店で働きたいワタクシです。








コメント(0) 

ケネディ駐日大使 [冥土のみやげ]

また一つ冥土のみやげが増えました。

11月19日はケネディ駐日大使信任状捧呈式が行われると聞いて、ワタクシ午後からお休みをもらって

皇居へと行って参りました。

98-22.jpg

二重橋前駅に着いたら、明治安田生命ビルの回りが人、人、人でエライ事になっておりまして

ワタクシは皇居でお馬車が来るのを待つ事にしました。

98-8.jpg

日本のメディアだけではありません。 CNNや欧州のカメラマンも場所取りしていました。

98-9.jpg

ワタクシはここで待つ事に、、、、、後ろが日テレ、フジテレビのクルーとアナウンサーが、、、前には

外国のカメラマンがポジション確保していて、お互いに場所を譲り合いながらお行儀の良い事。

98-10.jpg

見えました!

遠くの方からお馬車が!

あっという間に目の前を通り過ぎて行くので、カメラのズームも携帯カメラも忘れて唯一

撮れたのがこの写真です。

15頭のお馬さんと3台のお馬車は豪華で荘厳で息をのむ様な光景なものでして

口をあんぐり開けたままシャッターチャンスを逃しました。

何だか何をしに来たのか分らない気持ちで、お帰りの馬車を見送ろうと思い

98-11.jpg

テレビクルーの後について移動しました。

98-16.jpg

トラックが走って行く。。。。。なんでトラックなのか?


時間通りに大使のお馬車が二重橋を渡るところです

98-12.jpg

帰りは大回りをして(来た道とは違うコース)明治安田生命ビルに向かうそうで、今度はしっかり

シャッターを切ろうと思います。

98-13.jpg

最大ズームにして、おまけに夕暮れになってきたのでシャッターが鈍い

98-15.jpg

大使のお顔が見えませんが偶然撮れました。

ゆっくりお馬車を進ませてくれたので、行きよりチャンスがあったのです。

98-17.jpg

お馬車を降りられる明治安田生命ビルへ、人も大移動が始まりました。

98-19.jpg

大使が下りられた時、歓声があがり拍手も起きました。

98-18.jpg

そして、無事任務を終えたお馬さん達が皇居へと引き上げるのですが、お馬さんに

偉かったね。 大した馬だねぇと称賛の声も上がりました。

ワタクシもお馬に見とれてしまい、この落ち着きと堂々たる姿には涙がこぼれそうなくらい

感激でした。

98-20.jpg

ハイ、撤収! とばかりマスコミも警察も片付けが始まりまして、野次馬のようなワタクシ達も

三々五々解散して夕暮れの街へと、、、、。

98-21.jpg

そうそう、このビルはGHQ接収後マッカーサーの部屋が残る旧第一生命ビルです。

第一生命ビルは解体され、今の明治安田生命ビルに残されています。

いつか見学したいと思っているのですが、マッカーサールームに飾られている

サミュエル・ウルマンの「青春」という詩

質実剛健のマッカーサーが座右の銘としていたそうです。

和訳を読んだら、とても良い詩でしたので最後の行にご紹介します。

98-24.jpg

隣の丸の内マイプラザビルです。 この通路を大使は歩いてお隣の明治安田生命ビルに入られました。

98-25.jpg

反対側の窓の外は丸の内の大人の街並みが広がり、心が暖かくなるような夕暮れを味わい

98-26.jpg

ちょっと寄り道もしたくなったり

98-27.jpg

ワタクシはブルックリン・ラガービールを飲まずにはいられず、、、、、、

シミジミとひとり飲むのであった~。

98-28.jpg

東京駅迄歩いて来たら、もう辺りは暗くなっていて

98-29.jpg

クリスマスイルミネーションが美しく輝いておりました。



<青春のうた>  サミュエル・ウルマン

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、

安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年

月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと、十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる

事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く

求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

  人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる。

  人は自信と共に若く 失望と共に老ゆる。

  希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして

偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、

皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ

人は全くに老いて神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 

(脚注) 逞しき(タクマしき)がっしりしてつよい

     怯懦(キヨウダ)おくびょうで気の弱いこと

     却ける(シリゾける)後退させる

     孤疑(コギ)疑ってためらうこと

     恰も(アタカも)まるで ちょうど

     芥に(カイに)ごみ

     曰く(イワく)言うのには

     星辰(セイシン)星のこと、辰は天体のこと

     欽仰(キンギョウ)つつしみあおぐ

     剛毅(ゴウキ)意志が強固で不屈なこと

     悲歎(ヒタン)悲しみ嘆くこと 歎は嘆と同じ

     蔽い(オオい)遮蔽する


コメント(0) 
冥土のみやげ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。